ドラッグストアの眼科に関する情報ガイド

白内障について

白内障の初期には、視力はほどんど悪くなりません。多くの場合、かすみ目やまぶしさを自覚することが多いようです。

 

白内障の進行は通常の場合はゆっくりで視力の悪化もゆっくりと起こります。 混濁があまりない初期の頃は、水晶体の屈折率が変化することが多く、近視や乱視の兆候が現れる場合があります。

 

実際に混濁が進むと、かすみ目の症状が出ます。かすみを自覚する以前に濁った部分で光が反射したり散乱するため、まぶしさとして感じることもあります。

 

更に進行してくると視力が下がり日常生活に支障をきたしはじめます。初めは夜間での視力が下がりさらに進行すると日中の視力も低下してきます。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

白内障の原因はほとんどが加齢に伴うもので、それ以外の原因としては糖尿病やアトピー性皮膚炎、目の外傷、先天性、ほかの眼疾患、ステロイド剤の副作用などがあります。

 

加齢によるものは個人差はありますが、性別には関係なく60歳以降から起こってくる傾向が多いといえます。 ただ早ければ40歳代後半で起こる人もいれば、70歳代でも水晶体が割にきれいな人もいます。

 

薬剤師 就職のことならこちら