ドラッグストアの眼科に関する情報ガイド

事業計画を作ろう

事業計画は、大まかには、「事業計画=事業の可能性を資金面から検証するもの」、「収支計画=事業収入と支出の推移を予測し、1年ごとの損益を算出するもの」「資金計画=開業資金や開業後キャッシュフローが枯渇しないよう管理するもの」に分かれます

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

以下は中央社会保険医療協議会 により第15回医療経営 実態調査が平成17年6月実施された、経営の収支についての結果です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

眼科の個人且つ無床診療所の収支状況(調査施設数38)
医業収入(6,139千円/6月分)−医業費用(3,129千円/6月分)=医業収支差額(3,009千円/平成17年6月分)収支の内訳
医業収入6,139千円の内訳
@保険診療収入(5,979千円)A公害等診療収入(11千円)Bその他の診療収入(76千円)Cその他の医業収入(74千円)その他の収入は保健予防活動収入や医療相談収入等が入っています。医業費用3,129千円の内訳。
@給与費(1,355千円)・・・職員の給与、年間支給賞与の1/12、法定福利費等。A医薬品費(318千円)・・・平成17年6月に費消した医薬品の購入額。B材料費(285千円)・・・レントゲンフィルム等の費消額。C委託費(136千円)・・・検査、医療用廃棄物、医療事務等の委託費など。D減価償却費(194千円)・・・建物、建物付属設備、医療機器等の前年度減価償却の1/12Eその他の医業費用(842千円)

 

夢をかなえる薬剤師国家試験に絶対合格